Abadá-Capoeira Kanagawa - アバダ カポエィラ 神奈川

アバダ カポエィラ カナガワは日本支部の1つであり、その日本における活動目的は、ブラジル武芸であるカポエィラを通したブラジル文化の普及と、異文化・人種間交流にあります。

主な活動内容は、カポエィラの練習、公立中学校での部活動、音楽の練習、楽器作り、ワークショップやイベントパフォーマンスなどです。

カポエィラの練習では、瞬発力、筋力、基礎体力、柔軟性やリズム感、などあらゆる身体能力を高める要素を培うだけではなく、音楽に合わせてリラックスし体から体を動かさせることや、動きに創造性・即興性を与えることで、自己を表現したり、自分を感じることも目的としています。

カポエィラをするのには、性別も年齢も人種も環境も職業も関係ありません。カポエィラの中で、自分とは異なる背景・価値観を持つ人と出会い、視野が広がることにより自分の世界もより広がるのです。

アバダ カポエィラ カナガワはカポエィラを通じてひとりひとりの個性や、異なる文化・価値観が尊重され、共生する社会作りを目指していきたいと思います。